どうすれば、7日以内に苦痛なく覚えられるようになるだろうか?

Top >  資格試験攻略 効率UP編 >  資格試験に合格するための予備校や教材の選び方

資格試験に合格するための予備校や教材の選び方

働きながら資格取得を目指す人のための
資格取得のための勉強法をアドバイスしております
杉浦です。

本日は、

予備校に行くべきか?
教材を購入すべきか?
独学で勉強するのはアリか?

について、書きます。

予備校や教材選びについては迷うと
思います。

合格体験記を読みますと、
独学で合格した人もいますし、

お金がかかるので独学で合格を!
と思ったけれど、
不合格になってしまった。

2年目からは予備校に行った。
2年目からは通信教材を使った。

という人が多いですね。


独学を選ぶべきかどうか?

何を優先するかによると思います。

・お金をかけない
・合格する確率をあげる

を天秤にかけた時に、どちらを優先したいですか?

それをしっかりと考える必要があります。


合格する確率を上げるには?

私は、予備校や通信教材をおススメします。


というのは、私たちは、
はじめて学ぶことについては、お手本となる人がいた方が、
結果が早く出るからです。


ひとりでずっと悩んでいたことを、
人に相談したら、すぐに解決したなんてことも、
ありますよね。


予備校か通信か?

最近は通信教材でも優れたものが多いので、
ひとりでもペースを作って勉強できるのなら、
通信でよいと思います。


大切なのは、

説明がわかりやすいかどうかです。

それにつきます。


難関の法律系資格になればなるほど、
わかりやすい説明を聞いて、

興味が出てこないと、勉強が苦痛になってしまいます。


もう一つ大事なことは、

通信を選んだ場合は、
質問をできる事です。


これは、絶対に必要です。


・わかりやすければ、通学でも通信でも
 どちらでもよい

・質問できること

が必要です。


そして、質問できる講座を選んだのであれば、

普段勉強しながら、

質問したいことノートを

作成されることをおススメします。


質問したいことを整理する能力が上がってくると、
頭の中のごちゃごちゃの知識を整理する能力も
あがってきます。


私は受験時代、

質問ノート

を作り、それを寝る前に読み返していました。


何度も読み返すうちに、

どうしても解決したい、知りたい!

という気持ちが高まってきますので、
その状態で質問して、

答えがわかると、

勉強への興味も余計に高まります。


杉浦


追伸1:
現在、数多くの資格試験受験生を合格に導いた
勉強法・記憶法教材は販売を停止しております。

再開の準備ができましたら、
このブログでもお伝えしますね。


追伸2:
夏休みにあまり遊べなかったので、
今日から家族で小旅行に行っています^^


行政書士試験 三重県 N・K様


実用的ですぐ活用的できるテクニックだと思いました。早速、 資格試験に活用していきたいと思います。



今度こそ、記憶術のトレーニングをしなくても、どんどん記憶できる

         

資格試験攻略 効率UP編

あなたが社労士、行政書士、司法書士・・・などの資格試験を目指しているとして、もしも高校受験や大学受験の時と同じような勉強方法をしているのならば、あなたの勉強方法を見直す必要があります。どうやって見直すか?何がいけないのか?その答えを知るためには、あなたが行っている勉強方法そのものを疑ってください。何度も書いて覚える方法、まずは過去問から解くという方法、ノートにまとめるという方法・・・。昔と同じ方法をそのまま続けているのであれば、今よりも数倍、効率をあげる方法があります。

関連エントリー

資格試験に合格するための予備校や教材の選び方 予備校の授業を受けながら集中する方法


苦痛なく覚える方法
どうすれば、7日以内に苦痛なく覚えられるようになるだろうか?
左脳式の記憶術教材