通常の3倍以上のスピードで成果を出す技術はこちら

Top >  マインドマップ 勉強法 >  ずばりマインドマップ

ずばりマインドマップ

私がマインドマップのことを知ったのは、1994年頃だったと思います。
その当時、予備校生だった私はマインドマップの本を読み、
ほほう。これは面白い。
と思い・・・・

結局マインドマップを使うことはありませんでした。
その後、医学部に進みました。

医学部に入ると、膨大な量の知識を覚える必要がありました。
得意な科目と不得意な科目が当然でてきます。

なぜ、不得意なのかと考えると、ひとつにはただ単に勉強していなかったから。
もうひとつの理由は、勉強しても難しくて理解できず、すぐになげだしてしまったから。

しかし、医学部の進級試験の対策のためには、不得意だとは言ってられません。
そこで、手にとったのが昔購入したマインドマップの本でした。

とりあえず、本に書いてあることをなんとなく真似してみると・・・

今でもその時の衝撃は忘れられないのですが、
今まで苦手だと思っていた科目の知識がものすごく簡単に覚えられ、
頭の中がすっきりしたのです。

私の中で一体何が起こったのか?

%E5%BF%83%E9%9B%BB%E5%9B%B3%E4%B8%8D%E6%95%B4%E8%84%88.jpg
   学生に2日間の授業をするために書いたマインドマップの例
   (膨大な知識の授業でもたった1枚で十分)


マインドマップを書いてみたけれど、いまいちよくわからないと言う方が
いらっしゃいます。

メリットが感じられないという方もいます。

が、断言します。

今後の人生を考えたならば、マインドマップをあらゆる場面で
かいてみて、試してみてください。
間違いなく、様々なことが楽にできるようになります。


資格試験の勉強のために、マインドマップをかいてみたい。
マインドマップを使ってみたいと言う方は、

とりあえず、資格試験ことは忘れて他のことで
使ってみたほうがよいかもしれません。

まずは簡単なことから始めてみてもいいかもしれません。

記憶力を高めるためのトレーニングとして、
夜、その日のことを思い出してみる。

というトレーニングがあります。
何を食べたか? いつごろ食べたか? 食事の前は何をしていたか?
などなど・・・

私自身も、マインドマップを使ってそのようなことを試したことがあるのですが、
不思議なことに、かいているうちに、様々な記憶がよみがえってきます。

ということで。
マインドマップを使って、その日、一日を思い出してみる。

そういった簡単なことから、マインドマップを使い始めても
いいかもしれません。


資格試験の勉強にマインドマップを活用するにあたり、
お薦めの本を紹介します。

続きはこちら
→ マインドマップ関連の書籍

勉強法・記憶法の目次はこちら
 *記事が探しづらいので目次を作成しました。
◆サイト管理人のプロフィールはこちら


         

マインドマップ 勉強法

何か効率的に勉強できる方法はないか?覚えた内容を少しでも忘れにくくする方法はないか?記憶術とかいう教材を見たことがあるけれど、試してみようか・・・ ということを考えたことが一度でもある人ならマインドマップの存在はすでに知っているかもしれません。

関連エントリー

映像のように記憶する方法 目次の活用法 ずばりマインドマップ 資格試験にマインドマップを活用する


メールマガジン登録はこちら
通常の3倍以上のスピードで成果を出す脳科学メソッドをお伝えしております。