通常の3倍以上のスピードで成果を出す脳科学テクノロジーはこちら

Top >  集中力を高める >  モチベーションを維持する その2

モチベーションを維持する その2

勉強法についてアンケートにお答えいただいているのですが、
モチベーションの維持について悩んでおられる方が
多いようです。


巷には様々なモチベーション維持の方法が出回っておりますが、
みなさんはどのようにモチベーションを維持していますか?


勉強したら自分にご褒美を与える?
合格した時をイメージする?

そのような方法を聞いたり読んだ方が
多いかもしれません。


本屋さんに行けば、
そのような方法がたくさん書いてあります。


で、実際にその方法を試して
うまくいくのか?

人それぞれだと思っています。


ただ、
うまくいってない人が多いような気がしています。


ですので、
今回はすぐに活用できるモチベーション維持の方法を
お伝えします。

興味のある方のみ試してみてください。

試してみてから、自分に合うかどうか
判断してください。


モチベーション維持の方法ですが、

1.朝、やるべきことを決める
2.実践する


以上。

とても簡単な方法です。


でも、それができないから困っている?


では、もう少し具体的に簡単な方法であることを
説明します。


1.朝、やるべきことを決める。


まず、多くの方が自分に鞭を打つような計画を立てていると思いますが、
簡単な計画で構いません。

10分程度で終えることができることを
2つ、3つぐらい計画してください。

それでも難しいという人は
5分で終えることができることを一つだけでも
構いません。


2.そして実践してください。


まず、上記のことを1ヶ月間続けてください。

1日5分程度のことを続けられない人は
あまりいないと信じています。


なぜ、それだけでよいのか?
理由を知りたい方もいらっしゃるでしょうから、
説明しておきます。


とてもシンプルなのですが、


【やるべきことをやれば、自信がつくからです。】


やるべきことがやれていないから、
思ったように進まないから、
自信を失っているのではありませんか?
自己嫌悪に陥っているのではありませんか?

そして、モチベーションがダウンしているのではありませんか?


朝、今日はこれをやる!ということを決める。
そして実行する。

このようなことを繰り返していますと、
自分は

「決めたことをしっかりと実現できる人間だ!」

という
自己暗示をかけることができます。


そして、暗示は一日で終えることなく、
繰り返すことで(まずは1ヶ月)、
自分の中に定着してきます。

言葉による暗示をすすめる人もいますが、
行動によって暗示をかけた方が、
はるかに効果が高いのです。


もう一度繰り返しますが、

これくらいだったらできそうだということを
朝、計画します。

そして、実行します。


それだけです。

◆絶対に挫折しないまり式英語コーチングはこちら
 ・・・まりさんは人柄も素敵で食事友達でもあります
◆『捨てる英語勉強法』はこちら
 ・・・無料のぞき見キャンペーン中です。
    著者の関口さんは仲良しの友達で、相当量の方にインタビューして、
    この本を書かれていますし、英語の勉強が楽しくなりますよ。


アマゾンへのリンクはこちら
◆サイト管理人のプロフィールはこちら

         

集中力を高める

資格試験であれ、大学受験であれ、効率よく合格するためには、勉強法を考えるだけでなく、集中力についても、お伝えした方がよいと思います。集中力をあげるための音楽だとか、集中力をあげるための呼吸法だとか、いろいろとありますが、中には眉唾ものの情報もあるようです。独学勉強法.NETでは、集中力をあげるための、実践的方法かつ、科学的、心理学的、医学的にも正しい方法をお伝えします。集中力をあげることで、資格試験に効率よく合格できます。

関連エントリー

集中して勉強できる方法とは ●●すること コーチングによるモチベーションのアップ 好きなことを勉強する スランプへの対処について モチベーションを維持する その2 勉強のモチベーションを維持するには? 集中力を高める方法 集中力が足りない時には?


メールマガジン登録はこちら
通常の3倍以上のスピードで成果を出す脳科学メソッドをお伝えしております。