◆資格勉強法・記憶法の目次はこちら
◆難関国家試験に3か月で合格した方法はこちら

医師国試合格記憶術 有料版


Top >  集中力を高める >  好きなことを勉強する

好きなことを勉強する

他のブログ記事で、

仕事から帰ってからの10分の使い方について、紹介しました。
⇒ こちら


さて、今日は勉強に取り掛かるためのコツについて、
お伝えします。


上記のブログで、

【帰宅後の10分の間に何を勉強するかをあらかじめ決めておく】
(選択肢が多すぎて迷わないようにする)

ということの大切さをお伝えしました。


では、帰宅後10分でやるべきことを決めるとした場合、
あなたは何をしますか?

どの参考書を開くことにしますか?


どのような勉強をしますか?

   読む? 解く? 覚える?


このようなことを継続するひとつの方法としては、
あなたが好きなことを勉強するという方法があります。

帰宅後の10分で苦手な法律用語を1つだけ勉強する
というのもありですが、

帰宅後10分で、自分が最も得意な箇所を毎回、
ひたすら勉強するのでも構いません。

そちらの方が、ハードルが低くないですか?


毎回、しかも得意なところを?


はい。

嫌いなところ、苦手なところではなく、
好きなところ、得意なところを何度も勉強するのです。


多くの受験本には苦手なところを重点的に勉強しなさい
と書いてあります。

それはその通りだと思いますが、
10分くらい、得意なことに時間を費やしても罰は当たりませんし、
全く害はありません。

いえ、むしろメリットがあります。


私の分類では、勉強には2種類あります。

知識を拡げる勉強と知識を深める勉強です。


知識を拡げる勉強は、新しいことを学ぶため、
それだけ、脳に負担をかけますのでハードルが高いかもしれません。

しかし、得意あるいは好きな箇所を深めるのは、
それほど苦痛でないはずです。


コンクリートの地面の
新しいところを次から次へと掘るのが
知識を拡げる勉強。

一度掘ったコンクリートの穴は、土が見え初めています。
その部分をさらに掘っていくのが
知識を深める勉強です。


知識を深める勉強では、
ひとつの物事について、理解を深めていきますので、
その他の関連情報が、芋づる式に理解できるようなことがあります。

それは、人の記憶のメカニズムから考えても
当たり前のことなのです。


知識を深める勉強にはこのようなメリットがあります。

もう一度繰り返しますと、

・慣れたことであるため、始めるのがおっくうでない
・それをきっかけとして、次の勉強につなげやすい
・帰宅後の時間をだらだらと過ごさないで済む
・深めれば深めるほど、関連情報の理解も深まる


10分程度のみ、やってみてはいかがでしょうか?

勉強法・記憶法の目次はこちら
 *記事が探しづらいので目次を作成しました。
◆サイト管理人のプロフィールはこちら

◆イメージを使った記憶術に挫折した人のための記憶術はこちら

 *記憶術教材の案内です。




         

集中力を高める

資格試験であれ、大学受験であれ、効率よく合格するためには、勉強法を考えるだけでなく、集中力についても、お伝えした方がよいと思います。集中力をあげるための音楽だとか、集中力をあげるための呼吸法だとか、いろいろとありますが、中には眉唾ものの情報もあるようです。独学勉強法.NETでは、集中力をあげるための、実践的方法かつ、科学的、心理学的、医学的にも正しい方法をお伝えします。集中力をあげることで、資格試験に効率よく合格できます。

関連エントリー

集中して勉強できる方法とは ●●すること コーチングによるモチベーションのアップ 好きなことを勉強する スランプへの対処について モチベーションを維持する その2 勉強のモチベーションを維持するには? 集中力を高める方法 集中力が足りない時には?


メールマガジン登録はこちら
不定期で、資格試験に短期合格するコツをおつたえしております。