通常の3倍以上のスピードで成果を出す脳科学テクノロジーはこちら

Top >  記憶力 記憶のメカニズム >  記憶のスイッチを入れる その2

記憶のスイッチを入れる その2

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ◆記憶のスイッチをいれる その2
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

もうひとつのメールマガジンで、
記憶のスイッチの入れ方について、簡単に
お伝えしました。

記憶のスイッチを入れるためには、
感情が動かされることが大切だと
お伝えしました。

こちら


そして、もうひとつ非常に大切ですが、
多くの人が使えていない知識をお伝えします。


それは、

私たちの脳は、
新鮮なことは興味をしめし、覚えやすくなる

という事実です。

子供にとっては、
多くのことが新鮮です。

そのため子供たちは覚えようと思わなくても、
勝手にどんどん吸収していきます。


例えばです。
行政書士試験の勉強をしていて、
難しい法律がでてくる。

はじめて見る知識。

それらは、新鮮ですか?


新鮮なはずなのに覚えられない、興味がわかない。
うーん、困った。


私たちの脳は、多くの情報に対して、
「いつもの必要のない情報でしょ!」

という判断をしているのかもしれません。


というのは、
そのようなことをしないと、
目にする活字すべてを脳が処理することに
なってしまい、脳に負担をかけてしまいます。

多くの活字に対して、
私たちの脳は興味を示さない。
 *多くの人にとって、エッチなことは別ですが・・・

さて、ここで考えるわけです。

「では、どうしたらよいのか?」と。


実は、
勉強をしている瞬間に、新鮮さが沸き起こる
時があります。
感情が動かされる瞬間があります。

それは・・・


模擬試験や本番の試験の時です。

いつもと違う場所・・・
周りの受験生の緊張感・・・
どんな問題が出るのだろう・・・
あの分野が出てくれたらうれしいな・・・


そのような時、私たちの感情は揺れ、
あらゆることに新鮮さを感じます。


さて、ここまで読んで、
何に気づきましたか?

もう、おわかりでしょうか?


模擬試験の時、
「あれ、勉強したはずなのに覚えていない」
「初めて真剣に考えたぞ!」
「あー、よく理解してなかった!」

様々な感情が生まれます。
そして、新鮮さが発生するのです。

これをチャンスといいます。

この機会に勉強すると覚えられます。


わたしは、
模擬試験で、上記のように感情が動かされた問題は
印をつけておいて、
その問題だけは、その日か次の日までには、
必ず復習するようにしていました。


なぜか?

ものすごく覚えられるからです。


私たちの脳は、
新鮮に感じるものは覚えられるのです。


そのチャンスを見逃さなければ。

このあたりの、新鮮さや興味を発生させて、
資格試験勉強に活かすための
具体的な方法が知りたい方は、

『一人勝ちの記憶術 FAST』をご利用ください。


関連記事
〇〇という記憶しやすい瞬間を利用する

◆絶対に挫折しないまり式英語コーチングはこちら
 ・・・まりさんは人柄も素敵で食事友達でもあります
◆『捨てる英語勉強法』はこちら
 ・・・無料のぞき見キャンペーン中です。
    著者の関口さんは仲良しの友達で、相当量の方にインタビューして、
    この本を書かれていますし、英語の勉強が楽しくなりますよ。


アマゾンへのリンクはこちら
◆サイト管理人のプロフィールはこちら

         

記憶力 記憶のメカニズム

ただ、勉強を続けることで試験に合格することもできるかもしれませんが、このサイトに訪れた方には、効率のよい勉強法を知っていただきたいと思っております。おそらく、受験関係の本や受験用の教材には書いていないような具体的な勉強法が書いてあり、お役に立てていると信じております。そこで、テクニックだけでなく、記憶のメカニズムも是非、知ってください。人の記憶のメカニズムを知り、それを資格試験勉強に応用することでさらに、資格試験合格に近づくと確信しております。実際、私が勉強法を指導した方には、テクニック以上に、この、記憶のメカニズムを徹底的にお伝えするようにしています。なぜならば、そうすることで、普段行っている勉強法が正しい勉強方法なのか、時間ばかりかけて効率の上がりにくい勉強方法なのかの判断を自分でできるようになるからです。

関連エントリー

記憶力 記憶しやすい瞬間 記憶のスイッチをいれる1 記憶のスイッチを入れる その2 記憶力を鍛える方法 過剰学習について 記憶力 覚えられない原因を知ることで・・ あらゆるものを活用して覚える勉強法 曖昧な知識を明確な記憶に変える勉強法をしてますか? 記憶力に衰えはあるのか? 知識がどんどん増えていく?


メールマガジン登録はこちら
通常の3倍以上のスピードで成果を出す脳科学メソッドをお伝えしております。