どうすれば、7日以内に苦痛なく覚えられるようになるだろうか?

Top >  合格に近づく書籍一覧 >  できる人の勉強法 安河内哲也

できる人の勉強法 安河内哲也

『できる人の勉強法』 安河内哲也著

できる人の勉強法

東進衛星予備校講師 安河内哲也氏の書籍。

安河内氏は、大学受験に失敗後、浪人時代に
勉強法をあみだし、偏差値80へ。

上智大学英語学科、慶応大学文学部合格。

その後、TOEIC990点満点、英検1級、
通訳案内士国家試験などの資格を取得。

勉強する際の心構えから、実際の勉強法など、
全体にバランスよく記載されている。


独学勉強法.net杉浦の感想:

【脳にインプットされなければ、書いても意味がない】

と、書いてある。

本当にその通りだと思う。
書くと言う作業は、手を使うため、その行為自体が
頭を刺激することになり、
多少は覚えやすくなるかもしれない。

ただ、注意しなければならないのが、
”まとめ作業”をすることが、目的となってしまい、
書いてすぐは、覚えているものの、
翌日になると、すっかりと忘れていること。

ノートは増えるが、頭の中には知識がインプットされていない。
このような勉強法をしていると、

「勉強しているはずなのに、覚えられない」

と、自分自身のことを否定しかねない。


学生時代から”ノートまとめ”が習慣になっている人は
注意したほうがよいと思われる。

では、どうしたらよいか?


”ノートまとめ”そのものを否定するつもりはありませんが、
必ず、まとめた内容を覚える時間を、
作ることが大切です。

まとめ時間とは別に、”覚える時間”が大切です。

1日10分だけでもかまいませんので、
覚えた内容を、自分の口に出して説明できるか?

を確認する作業を毎日続けること。

そうすることで、確実に記憶力があがりますし、
自信がついてきます。



参考のために、この本をの感想を読む?
楽天で読む  ⇒できる人の勉強法
アマゾンで読む⇒できる人の勉強法

独学勉強法.net 杉浦
セブンアンドワイ

行政書士試験 三重県 N・K様


実用的ですぐ活用的できるテクニックだと思いました。早速、 資格試験に活用していきたいと思います。



今度こそ、記憶術のトレーニングをしなくても、どんどん記憶できる

         

合格に近づく書籍一覧

世の中には様々な資格試験学習法、記憶法、覚え方などに関する書籍があります。その中でも、私の視点で実践的であったり、人の脳の機能にあった勉強法のため、効率があがりやすいだろうなと思われるものを紹介しています。

関連エントリー

欲望に素直になることでやる気が目覚める 受験に役立つ 厳選書籍一覧 スランプに負けない勉強法 本物の勉強法シリーズ 東大家庭教師が教える頭が良くなる勉強法 吉永 賢一 夢をかなえる勉強法 伊藤真 伊藤真の司法試験に合格する勉強法 伊藤真 超高速勉強法 椋木修三 できる人の勉強法 安河内哲也 試験勉強の技術 柴田孝之 一発逆転!ワタナベ式記憶術 渡辺剛彰


苦痛なく覚える方法
どうすれば、7日以内に苦痛なく覚えられるようになるだろうか?
左脳式の記憶術教材