通常の3倍以上のスピードで成果を出す技術はこちら

Top >  公認会計士試験勉強法 >  公認会計士試験 予備校

公認会計士試験 予備校

公認会計士試験のための 予備校
先輩、公認会計士試験合格者に聞いてみました。

 <PR>公認会計士試験の勉強時間を短縮する教材は?

公認会計士予備校には大きく分けて、通学講座と通信講座の2種類の講座が開講されています。
どちらも、教える内容自体は同一なので、本来は、どちらの講座を受講しても違いはないはずです。
でも、私は、予備校に通う時間が確保できそうならば、絶対に通学講座を選択すべきだと思います。

理由は単純で、「通学して、教室にいることにより、勉強時間が確保できるから」です。

はっきりいって、予備校に通う時間がないからといって公認会計士試験の勉強のために、通信講座を受講したとしても、結果的に、予備校の教室で勉強する時間に相当する時間分は、
勉強に費やさないといけないのです。
それができなければ、公認会計士試験の合格はおぼつかないと思ったほうがいいでしょう。

どちらにせよ、通学するのと同じだけの勉強時間を確保する気があるならば、
最初から通学講座を選択することをおすすめします。

もっとも、予備校が遠距離にあって、通学が物理的に無理な場合には、
通信講座を選択することもやむをえないと思いますが、
その場合には、自力で勉強のペースを作るために、尋常ではない精神力が
必要とされることを覚悟しておくほうが無難です。

通信講座でも、教材や問題集自体は通学講座と一緒です。
そのため、通学するのと同程度に勉強できさえすれば、
公認会計士試験合格もかなり、現実味のあるものとなると思います。


予備校に通う以上は、予備校で配布されるテキストや問題集のみを
使うというのが基本だと思います。公認会計士試験は、
経営学等一部科目を除いて、学説の違い等、解釈に違いがでる部分は、
ほとんどありません。そのため、いろいろな本を読むより、
1冊の本や参考書を重点的に読むほうが、効率的だと考えます。

受験生の中には、合格後に実務的なことを知らないと仕方がない
、といって、実務書を読み漁る人もいます。
でも、公認会計士試験は、合格してなんぼの試験です。
合格後に、実質的なインターンとして、監査法人で実務経験を積む機会は十分あります。
そのため、基本的には、試験合格のためだけに勉強すると割り切って、
予備校のテキストや問題集を徹底的に使うのが、一番いいと思います。
とにかく、脇目もふらずに、予備校のテキスト(問題集)に全幅の信頼をおいて、
徹底的に読み込んでください。

続きはこちら ⇒ http://www.melxs.com/kioku/004/kounin.html


作成:独学勉強法.net
公認会計士 独学勉強法の目次はこちら

勉強法・記憶法の目次はこちら
 *記事が探しづらいので目次を作成しました。
◆サイト管理人のプロフィールはこちら


         

公認会計士試験勉強法

ここでは、公認会計士試験勉強法に関する一般的試験情報や独学勉強法について書いています。
すぐにでも応用できるメソッドが紹介されていました。

  公認会計士試験 愛媛県 T・K様

思っていた以上にすばらしい内容でした。記憶術については他にも色々あり、 過去に私も試したことがありますが、自分が行っている資格の勉強に応用すると なると、なかなか思うようにうまく行かず、結局、挫折した苦い経験があります。
しかし、「一人勝ちの記憶術 FAST」では、すぐにでも自分が行っている勉強に応用 できるメソッドが数多く紹介されており、この点が非常に優れていると思いました。             詳しくはこちら

関連エントリー

公認会計士試験(修了試験)受験生の方の勉強法アンケートです。 公認会計士試験 予備校 公認会計士試験情報


メールマガジン登録はこちら
通常の3倍以上のスピードで成果を出す脳科学メソッドをお伝えしております。