通常の3倍以上のスピードで成果を出す技術はこちら

Top >  教育関連ニュース >  高校生の出世意欲

高校生の出世意欲

この記事は2007年4月24日毎日新聞ニュースを
もとに作成しております。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070424-00000131-mai-soci

財団法人「日本青少年研究所」の調査によると、
米・中・韓・日本の学生を対象とした調査において
出世意欲において、日本が最下位であると
発表された。

以下、記事の一文
調査は06年10月~12月、日米中韓の高校生計5676人を対象に実施。進路や人生目標、職業意識などを聞いた。所属する高校を通じて実施したため、回収率は100%になるという。
 「偉くなりたいか」という問いに、「強くそう思う」と答えた高校生は中国34.4%▽韓国22.9%▽米国22.3%に対して、日本はわずか8.0%。卒業後の進路への考えを一つ選ぶ質問では、「国内の一流大学に進学したい」を選択した生徒は、他の3国が37.8~24.7%だったのに対し、日本は20.4%にとどまった。
 また、将来就きたい職業(複数回答)では、日本は99年調査よりも弁護士や裁判官、大学教授、研究者の割合が低下。特に、公務員は前回の31・7%から大幅減となる9.2%だった。逆に「分からない」を選んだ生徒が6.2ポイント増の9.9%になった。

調査の内容を詳しく知らずして、このデータを鵜呑みにしては
いけないし、このデータをどのように判断するかは、自由だけれど、
データをそのままうけとめてみて、考えたいと思う。

そもそも、自分を含めて、将来の職業に対するイメージが
漠然としすぎていると思う。

高校時代に、接することがあったのは、両親と学校の先生くらいで、
一体、社会人とはどんな生活をしているのか?
仕事をするというのは、どのようなことなのか?
ほとんどわからないでいた。

だから、自分が高校時代にこの調査をされたとして、
もっと、前向きなデータであったとしても、
たいした意味はないように思える。

子供達に意欲がないのが問題なのではなく、
子供達に、仕事をするというのは、自分の人生において
どんな意味があるものなのか?を教えることができない
大人(教師だけに責任があるのではない。)に問題がある。

勉強法・記憶法の目次はこちら
 *記事が探しづらいので目次を作成しました。
◆サイト管理人のプロフィールはこちら


         

教育関連ニュース

関連エントリー

ゲーム脳? 高校生の出世意欲


メールマガジン登録はこちら
通常の3倍以上のスピードで成果を出す脳科学メソッドをお伝えしております。